医者

腎臓病の症状はサイレント【自覚できない怖い病】

解毒機能に関わる病の対策

解毒機能低下によるリスク

悩み

現在でもなお国民病と呼ばれる様な、誰しもがかかる確率があり、かつ根本的な治療法や対策が確立し切れていない病気がいくつか挙げられます。腎臓病もそうした国民病と表現される事がある症状の1つで、現在でも潜在的な推定予備軍が日本国内で1000万人を超えるとも言われています。腎臓は人間の体内において発生した不要な成分を血液から抽出する役割が主に挙げられる臓器で、人間の解毒機能の一環を担う重要な臓器とされます。この臓器に何らかの異常が起こり、正常な解毒機能や血液状態の調節ができなくなる状態が腎臓病となっています。腎臓病になると解毒機能の狂いによって、疲労感や全身での重たさ、痛み・むくみ等といった異常が起こる展開に繋がります。そして腎臓の機能は1度失われると戻る事が困難とされており、さらに悪化すると腎不全という、人工透析を行う事が不可欠な状態へと繋がる確率があります。

日常での対策

したがって腎臓病では、予防に向けた対策や早期発見が重要だとされています。腎臓病の初期段階で起こるとされる腎炎を慢性化する前の段階で治療できれば、回復が見込めるとされるためです。日常生活での対策としては、いわゆる規則正しい生活習慣と食事が主だとされています。具体的には疲労を残さない様にする睡眠時間によって、体内機能の疲弊を避ける事が第1とされます。また食事では腎臓に負担がかかる成分になるたんぱく質は摂り過ぎず、エネルギー量が日ごとの必要十分を満たす程度に糖質・脂質を摂るというバランスが求められます。また塩分やカリウムを摂り過ぎない事も、腎臓の負担を抑える意味合いで有効だとされています。そして検査としては、自覚症状が起きた時点、あるいは血尿などの肉眼で発見できる異常が起きた場合ではある程度、腎臓病が進行している確率が否めないとされます。そのため、定期的に専門の尿検査を試みる事が良いとされています。